【新婚旅行の予算っていくらくらい?】~国内旅行編~

9月 21,2019スタッフブログ

新婚旅行の行き先といえば、海外を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

ハワイやモルディブ、ヨーロッパなどなど素敵な国がたくさんあります。

でも新婚旅行を国内で考えている方も相当数いらっしゃるのです!

 

2018年のゼクシイ結婚トレンド調査によると、国内旅行を選んだ方は約26%。4組に1組が国内旅行を選んでいます。

地域別で調べてみると、新潟のカップルは約40%が国内旅行を選んでいます。

新潟の方は、日本が大好きなのですね

 

今回は国内旅行の費用を解説致します!

 

国内旅行の費用は『交通費』『宿泊費』『旅行先での滞在費』この3つが必要です。

 

【交通費】

飛行機、電車、車など、何を利用していくかで費用が変わります。

 

 

行き先によって利用できる手段も変わりますが、所要時間や金額、体への負担などを考えて決めていきましょう。

「飛行機や新幹線を使うと高い」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、早割のチケットやパッケージツアーを利用すればお得に乗る事ができます。

例えば、新潟空港から那覇空港に行くANAの航空券の場合、「フレックス」という航空券は片道ひとりあたり52,920円ですが、「スーパーバリュー75」の航空券は片道ひとりあたり16,420円となります。なんと約70%OFFで乗れちゃうんです!!(搭乗日や予約日によって金額は変わります)

パッケージツアーは宿泊と交通がセットになっているプランのため、航空券や新幹線がいくらというのははっきり分かりません。ですが、レンタカーもセットにできたり、パッケージツアーをお申込みの方だけの特典もあったりと、お得は間違いなしです。

チケットの種類によって、取消料や取消料の発生日などが変わりますので、おふたりに合った手配方を選ぶと良いですよ。

 

【宿泊費】

ホテル、旅館、海の見える部屋、露天風呂が付いているお部屋、夜景が見えるお部屋、スイートルームなどなど、施設や部屋からの眺め、広さによって費用も変わりますが、旅行の印象もかなり変わります。

 

 

どこに泊まるか、どんなところに泊まりたいか、おふたりの旅行のプラン、自由行動の過ごし方によっておすすめする施設も変わってきます。

費用を少し抑えたい場合は、宿泊する曜日に気を付けて日程を組むことをおすすめします。土曜日などの休前日の宿泊は平日に比べ数千円から1万円以上変わることもあります。

連休やお盆、年末年始の宿泊代金は別格に高くなりますので旅行の日程を決めるときにはご注意ください。

また、2泊以上の旅行の場合はホテルや旅館、部屋のランクに変化をつけて楽しむこともおすすめです。ビジネスホテルに泊まって料金を抑える日、高級旅館で贅沢に過ごす日など、旅先の特徴などを考えながら施設を選ぶと旅行計画が面白くなりますね。

 

 

【旅行先での滞在費】

食事代やアクティビティー、観光施設の入場料などの費用です。

おふたりの希望や旅の目的によってかかる費用が変わってきます。

例えば「沖縄でダイビングをしたい!」という希望があれば、おひとり約10,000円前後で体験できます。ダイビング以外にも観光プランがたくさんあり、内容によって費用も変わりますので、ぜひご相談ください。

食事もどこかの食堂で済ませば、ひとり1,000円から2,000円あれば充分ですが、高級レストランで食事すれば10,000円以上かるところもたくさんあります。食事も「この日は簡単に」「この日は相手の誕生日だからリッチに」など、変化をつけて楽しむと良いですよ。

 

 

 

 

ということで、国内旅行に必要な費用でした。

 

ベルツアーでは国内旅行でも早めの相談、お申込みをおすすめしております。

一緒に旅行計画を立てませんか?

よりお得に、より旅行を楽しむ方法を案内できるかもしれません。

 

ぜひお気軽にご相談ください。

 

 

 

あんじゅん

記事一覧へ

CALENDER カレンダー

2022年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

CATEGORY カテゴリー

ARCHIVE アーカイブ